2018年10月15日の昼ごはん

ブログ:2018年10月15日の昼ごはん

お茶の水カイロプラクティックのブログ

2018年10月15日の昼ごはん

昼ごはん

お茶の水カイロプラクティック院長の昼ごはん。
最近は、昼食を食べてます。
中性脂肪かなり下がりました!
朝昼絶食が中性脂肪を上げていた事がわかりました。
(H30年9月18日~)

目指せ80代現役治療家!
私は、生涯現役治療家でいる為健康管理をしております。
まずは、体重管理が健康の基本!!を長年実践しております。
体調を常に万全にして、日々最高の施術のご提供を目指します。
 
今朝の体重は59.80キロです。
59キロ台です。
就寝前体重は60.80キロです。

私の規定体重は59キロ台です。
今、この体重がちょうどいいです!
平日の帰宅後体脂肪は10%か11%台です(H30年6月25日)
最近の記録体重は55.0キロです(H24、5、28)
 
下記記録時より、筋肉量が1キロちょっと増えてます。
H30年6月25日の筋肉量、50.30
 
最近の記録体重は55.0キロです(H24年5月28日)
 
下記はH25 11月5日朝の数値です。
体重、58.80
BMI、20.6
体脂肪率、12.6
筋肉量、48.75
内臓脂肪レベル、6.0
基礎代謝量、1387
体内年齢、36
推定骨量、2.7
 
10月9日 火曜日の晩ごはんです。
おでんを食べに行きました。
おいしかったです!


10月5日 土曜日の晩ごはんです。
お寿司を食べに行きました。
おいしかったです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
なぜ欧米人は頸椎1、2が触りやすいのか?
先生はは頸椎2番の横突起触れますか?
触診がなぜ大事なのか?頸椎2番がなぜ重要なのか?
先生の治療にも生かせますよ!
 
私がアメリカシャーマンカイロプラクティックカレッジに留学して
一番驚いた事は、欧米人の上部頚椎はめちゃ触りやすいと言う事です!
えっ!こんな簡単に触れるの?!
という衝撃でした。
 
一瞬ですべてを悟りました。
あっ!だから上部頚椎カイロプラクティックがアメリカで流行ったのだ!
という事をです。
面白いことに体の大小ではないのです!
 
小さい欧米人もめちゃ上部頚椎触りやすいです。
逆にモーションパルペーション(触診)の授業中に、君の上部頚椎
触りにくいねといわれました。
アジア人の上部頚椎は触りにくいそうです。
 
それは、胸鎖乳突筋と乳様突起の関係です。
欧米人はまさに顔が違うように上部頚椎の構造がめちゃ単純?です。
アジア人は胸鎖乳突筋と乳様突起が入り組んでます。
よほど触診能力が高く無いと、第一頚椎横突起は触れません。
 
触ったと思っても、胸鎖乳突筋に干渉してしまっている筈です。
現実にアメリカ留学を終え、帰国後即開業しました(大汗)
まったく、治療院勤務ゼロでした。
でも、留学前に友人を沢山治療してました。
 
それに、アメリカ留学当時めちゃ上手いとほめ続けられました。
ある時ルームメイトに、あまり派手にアジャストしていると退学に
なるよ!と忠告されました(大汗)
免許持ってない人がアジャストすると法律違反なのです。
 
それ以降はアジャストはしませんでした。
The student's adjustment is illegal.と言えば皆笑ってました。
大きな声では言えませんが、皆やってました(微笑)
ただ私の評判が高まりすぎただけです(自慢笑)
 
私には第一頚椎の触診はめちゃ簡単です!
でも、治療院で治療前後の変化が出ずらいのです。
胸鎖乳突筋の圧通と関連しているためです。
これは、患者様の指標に出来ない!
 
と思いました。
それから、第二頚椎の研究の日々でした。
シャーマン大学では、第一頚椎と第二頚椎が逆にずれるリスティング
はまずないと学びました。
 
では、第二頚椎を徹底的に学ぼうと思いました。
最初は、横突起ではなく関節突起をチェックしました。
第二頚椎の関節突起も指標にならないことがわかりました。
最後に第二頚椎横突起にたどり着きました。
 
第二頚椎横突起は圧痛も物凄いです。
しかも、治療が上手くいけば、その圧痛が瞬時になくなります。
それがわかってから物凄く治療が楽しくなったことを覚えてます!
確証が得られたのは、亡父の火葬場でした。
 
火葬場に行った人は皆知っていると思いますが、お骨になると
火葬場の人が必ず、第二頚椎を探して仏様です。
とおっしゃいます。
人それぞれアレンジがあるのか素敵だと思います(微笑)
  
日本人は仏教徒が多いのでそういう説明なのかもですね!
でも、それは、亡父にひろし!第二頚椎横突起を極めろ!
と言われていると、私にははっきりわかりました。
今から役21年前です。
 
今では、自信を持って患者様に
第二頚椎横突起に圧痛がある=自然治癒力の低下だと言えます。
今年で留学時代から34年になります。
第二頚椎横突起を研究し続けて良かったと思います!
 
皆様も私と同じぐらい、
第二頚椎横突起を的確に触れるようにお願い致します。
一番重要なことだと思います。
それが出来れば、皆様のDRTは格段に進歩致します。
 
御精読ありがとうございます。感謝致します。
DRTは、今も常に進歩している施術法です。
DRTを御使い頂いている先生方の更なるご発展を祈念致します。
先生がたも私と一緒に頑張り続けましょう!

日時:2018年10月15日 AM 09:44

詳しくはこちら

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-5-15 荒井ビル4階
TEL:03-5280-0855 mail:info@drt-seitai.com

  • 営業時間
  • 平日 10:00~13:00 14:00~19:00
    土曜 10:00~13:00 14:00~16:00
  • 定休日
  • 日曜日・祝日