この章の概要


○この章では上原先生のカイロプラクティック哲学を紹介します。
 今まで多くの会話やメールのやりとりの中で教えてもらった内容をトビックス別にまとめました。
 上原先生の治療感や患者さんとの接し方などの一端を感じ取ってもらえれば幸いです。

○内容的には上原語録と言えるかもしれません。
  断片的な話をまとめたり、テクニックや検査の考え方と結びつけたり、編者なりに整理しました。
  その分だけ編者の意図が入っているとも言えます。それを前提にして読んで下さい。
 編者の力不足で誤解を招くようなことがあるかもしれません。その時は遠慮無く指摘して下さい。

トップへ
戻る