全ての検査で大切なこと


○全ての検査を同じ強さでやるように心がけます。これは難しいことですが大切なこです。
 これができるとテクニックの上達も早くなります。正しく患者さんの状態を把握できるようになるからです。

ODRTでは診断を的確なものにするためにいくつもの検査を併用します。
 頚椎においては回旋変位と側屈変位の検査、圧痛の検査を併用します。
 すでに紹介した胸椎、腰椎においても同様です。全ての検査の結果を総合して脊柱全体を把握します。
 局所にとらわれてはいけません。

 何のために、いつ、どの骨を、どの方向に、どれくらい勤かすか?これを検査結果に基付き判断します。
 サブラクセーションは脳からの情報伝達に障害を及ぼす程の変位ですからどの検査にも引っかかるはずです。

トップへ
戻る