胸鎖乳突筋の検査


○胸鎖乳突筋の触診を通して上部頚椎に問題が出ているかを検査します。
 この検査は頚椎の仰臥位検査と同時に行います。

1仰臥位の検査からの流れで乳様突起の下方から胸鎖乳突筋の停止部を触診します。

2問題ある方に硬結と圧痛があります。

3胸鎖乳突筋に問題の出ている人はC1に負担が出ています。それを考慮して治療します。
 この検査でリスティングは分かりません。治療により変化することが大切です。

トップへ
戻る