D1メジャーのアプローチ


D1メジャーの時は腹圧の問題を持っています。
  この問題をクリアーするためにP−AのLODを加えていきます。そのための方法を紹介します。
 臨床的には力の割合だけでなく上方手と下方平でLODも変えていきます。
 D12とD1がPRの場合を説明していきます。 D12を緩めてからD1をアジャストします。

1下方手をD12コンタクトします。上方手をD1にコンタクトします。

2D12を中心に大きく揺動します。
 この時D12のLODはP−Aを中心にR−Lを加えます。
 D1はP−Aを加えずR−Lを中心に軽く揺動します。
 力の配分は同じで上3:下7の割合です。

3D1が動いてきたら力の配分をシフトしていきます。
 同時にLODも上下で変化させていきます。
 D12をR−Lにし、D1をP−Aを中心に切り換えます。
 力の配分をシフトしD1を中心に揺動をかけていきます。
 これで腹圧の問題にもアプローチします。

注)
D1の治療は臨床的には類推とも深く関係しますので”頚椎の治療”においても紹介しますので参考にしてください。
D1メジャーの時、腹圧の問題がない状態も多々あります。必ずしも一方向だけではありません。

トップへ
戻る