憎帽筋検査の重要性


○既存のテクニックでも脊椎可動性を重視していますが何処まで動かすかと言うことについては明確な指標はない 
 ようです。それはガンステッドでもディバーシでもピアーズでも同じ事です。ボキッと矯正音がすれば良いのか?
 アジャスト前より可動性がつけばよいのか?どこまで可動性がつけば良いのか?

 これらの問題に対する1つの指標となるのが僧帽筋検査なのです。
 これ程客観的な検査はありませんし調整の過不足も明確に分かります。
 全て患者さんの身体が教えてくれるのです。

トップへ
戻る