僧帽筋と上部胸椎の関係


○上部胸椎の変位と僧帽筋の硬結は非常に密接な関係にあります。

 上部胸椎の変位側の僧帽筋に硬結が現れます。
 つまり僧帽筋はメジャー椎骨のリティングを決定するのに非常に重要な指標です。
 そのためこのテクニックでは僧帽筋を検査します。
 モーションパルペーションと併せて治療の方針を決定します。

 例えばD1がPRだったら右の僧帽筋に硬結が現れます。
 治療はD1を右からアジャストします。
 (D1がPLの時右の僧帽筋に硬結が現れるなど逆の事もあるので要注意!)

 そして治療により僧帽筋がゆるまなくてはいけません。

トップへ
戻る