脊柱ローリング検査


○側方変位を検査します。どの椎骨がロックしているかを調べます。

1P.P、伏臥位  D.P、患者の横。まず右から検査するので右に立ちます。
 決して患者さんには手以外触れません。
 施術者は患者さんの脊柱に対して正面に見る様に立ちます。

2両手の手掌で椎骨SPに優しくコンタクト。患者さんの完全脱力のために優しく触る
 ことを心がけます。コンタクトはほ指球と小指球、両方使います。

3両手で椎骨SPをR−Lに押圧します。この時P−Aに一切の圧を加えないこと。
 障害反射を起こさないようソフトに素速く押圧します。椎骨の可動性を調べます。

4D1から始めてL5、骨盤へと検査を進めます。
 骨盤に対しても同様に押圧をしす。骨盤自体がどっちに動きにくいかを検査します。
 骨盤全体がどう変位しているかを診るのです。仙腸関節の検査ではありません。

 例)施術者はまず右に立ちます。上部胸椎を両手でR−Lに押圧しソフトに可動性の限界まで動かします。

5ロックしてる椎骨を見つけたら上方手をそこにを止めておきます。
 上方手の力は完全に抜き椎骨にいっさいの力をかけません。
 下方手は検査を続けます。

 例)D3でロックしている椎骨が見つかります。上方手(この場合右手)を
  そこに置いておきます。完全に力を抜き椎骨にはいっさい力をかけません。
  下方手(この場合左手)腰椎に向かって検査を進めていきます。

6下方手でロックしてる椎骨を見つけたらその場所に手を置きます。
 先ほどの椎骨とどっちが硬いか比較してみます。
 2〜3ヵ所フィクセーションを見つけるかもしれません。 1番硬いところをメジャーと仮定します。

 例)L1でロックしてる椎骨が見つかります。下方手はそこに置きます。
  両手で椎骨を動かしてみてL1とD3どっちがより硬いかを比較します。

7今度は左に回り同様の検査をします。左右を比較します。                                 
 ロックしていた椎骨は反対からは可動性があるはずです。この左右差が変位です。

トップへ
戻る