脊柱起立筋の検査


○モーションパルペーションではありませんが検査の流れとして一緒にやることが出来ますのでご紹介します。

1脊柱起立筋を指腹でなでるように触診します。

2脊柱起立筋の張りを調べます。
 多くの場合Fixの近くに見つけることが出来ます。
 強く押すと患者さんは痛みを訴えるかもしれません。

3炎症でない限りこの痛みと張りはアジャストによって解消します。
 施術後に検査します。これはリスティングには関係ありません。
 Fixの存在を示しています。

トップへ
戻る