H27 6月29日の昼ごはんです。

ブログ:H27 6月29日の昼ごはんです。

お茶の水カイロプラクティックのブログ

H27 6月29日の昼ごはんです。

昼ごはん

お茶の水カイロプラクティックで昼ごはんを食べました。

健康管理の為、野菜ジュース500cc(朝ごはんの2倍)だけです。

平日の炭水化物摂取は1日1食だけにしております。


目指せ80代現役治療家!

私は、生涯現役治療家でいる為健康管理をしております。

まずは、体重管理が健康の基本!!を長年実践しております。

体調を常に万全にして、日々最高の施術のご提供を目指します。


今朝の体重は57.20キロです。

57キロ台です。

就寝前体重は58.30キロです。


平日の帰宅後体脂肪は8%か9%台です。

私の規定体重は59キロ台です。

最近の記録体重は55.0キロです(H24、5、28)


今日の朝ごはんも野菜ジュースです。


下記はH25 11月5日朝の数値です。
体重、58.80
BMI、20.6
体脂肪率、12.6
筋肉量、48.75
内臓脂肪レベル、6.0
基礎代謝量、1387
体内年齢、36
推定骨量、2.7

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぎっくり腰を何度も繰り返す人へのアドバイス!

これは、アドバンスの最終回で皆様に御話させていただきました。

ぎっくり腰を何度も繰り返すと、多くの場合坐骨神経痛を発症します。

その次は、腰椎ヘルニアになる可能性がとても多いです。


そもそもぎっくり腰とは、何でしょうか?

正確には、腰部の捻挫ですね。

ぎっくり腰にも、2種類ございます。

ひとつは、多くの方が思っている、いきなりの激痛です。


これは、重いものもったり、ちょっとした動作、くしゃみ、せき等

なった瞬間に自覚がある場合です。

もうひとつは、全く本人に自覚がないぎっくり腰です。

実は、こちらの方が慢性的になります。


ぎっくり腰も、きちんと治さないと3ヶ月、半年、1年、

2年とかなり長引きます。

当院でも、慢性ぎっくり腰で10年来と言う方も沢山いらっしゃいます。

ひどい人では、20年来の慢性ぎっくり腰と言う方もいました。


不思議な事に、その人たちはご自分がぎっくり腰と言う自覚無いのです。

ではどう思っているのか?!

ご自分の、持病だと思っているのです。

いわゆる慢性的腰痛だと思っているのです。


その多くの方たちは、坐骨神経痛も併発しております。

本当に辛そうな方が多いです。

そして、不思議な事にご自分の姿勢が悪いと言う自覚がありません。

DRTの良い座り方をアドバイスすると慢性的な人ほどできません。


そこで、姿勢の重要性を徹底的にアドバイスいたします。

出切る限りの良い姿勢の習慣が良い健康貯金を作る御話を致します。

今は、健康貯金が無い状態なのですよ!

良い姿勢が良い習慣になれば、健康貯金は増えてきます。


良い姿勢が良い習慣になる事が完治する事なのです!

ときちんとお伝えする事がとても重要です。

痛みが無くなれば、それでよいと思っている方が多いです。

それでは、何度も再発するし再発するたび腰も曲がります。


ぎっくり腰=腰曲がりの原因と言えるのです。

腰が曲がれば、次は膝に来ます。

変形性膝関節症と言う老人性O脚になります。

ぎっくり腰をきちんと完治させる事はとても重要です。


一発で、ぎっくり腰が治った!と喜ばれるより、ぎっくり腰だけでなく

最近姿勢がよくなったと言われるようになりました!

と患者様に言われるような治療家が素晴らしいと思います。

先生がたも私と一緒にそういわれる様な治療家を目指しましょう!


御精読ありがとうございます。感謝致します。

DRTは、今も常に進歩している施術法です。

DRTを御使い頂いている先生方の更なるご発展を祈念致します。

先生がたも私と一緒に頑張り続けましょう!

日時:2015年6月29日 PM 05:06

詳しくはこちら

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-5-15 荒井ビル4階
TEL:03-5280-0855 mail:info@drt-seitai.com

  • 営業時間
  • 平日 10:00~13:00 14:00~19:00
    土曜 10:00~13:00 14:00~16:00
  • 定休日
  • 日曜日・祝日