H26 5月 9日の昼ごはんです。

ブログ:H26 5月 9日の昼ごはんです。

お茶の水カイロプラクティックのブログ

H26 5月 9日の昼ごはんです。

昼ごはん

お茶の水カイロプラクティックで昼ごはんを食べました。

健康管理の為、野菜ジュース500cc(朝ごはんの2倍)だけです。

平日の炭水化物摂取は1日1食だけにしております。


目指せ80代現役治療家!

私は、生涯現役治療家でいる為健康管理をしております。

まずは、体重管理が健康の基本!!を長年実践しております。

体調を常に万全にして、日々最高の施術のご提供を目指します。


今朝の体重は57.65キロです。

早くも57キロ台復活ですね。

連休の食べ過ぎもおさまってきました。

平日の帰宅後体脂肪は8%か9%台です。


私の規定体重は59キロ台です。

最近の記録体重は55.0キロです(H24、5、28)

就寝前体重は58.80キロです。


今日の朝ごはんも野菜ジュースです。


下記はH25 11月5日朝の数値です。
体重、58.80
BMI、20.6
体脂肪率、12.6
筋肉量、48.75
内臓脂肪レベル、6.0
基礎代謝量、1387
体内年齢、36
推定骨量、2.7


DRTの指標の使い方

DRTでは、背骨の調整しか行いません、

例外的に、前腕等ひどく凝り固まっている時は、自分でやる手当て法を

アドバイスする時に、ここをこの様な感じでご自分で手入れしてください。


とお伝えする事もあります。

腱鞘炎やばね指、指の腕の痺れ等にそれらは効果が出ます。

そして、DRTではその場の症状は追いません。

施術後まだ痛みます。と言われてもそれ以上やって良くなる事は少ないです。


むしろ、的確なDRTが行えればあとは自信を持って、自然治癒力に任せます。

それを自信を持って言える様になる為にも、DRT的指標が必要なのです。

やる事は背骨の調整だけです。

ですが、患者様の主訴の箇所関連を徹底的に調べ上げる事により、


何故その患者様の問題が起きているのかも的確にわかるようになります。

DRT的指標は全身全てにあると言っても過言ではないと思います。

主訴がよくなる前に、その患部や関連部位が良くなれば主訴も改善致します。

その関連部位等の目印みたいなものがDRTの指標です。


逆に考えてみて下さい!

良くなる事がDRTの指標の状態によりわかると言う事は、

患者様がまだ気付いてない症状の発症状態もわかると言う事です。

と言う事は、予防による健康の実現が出来ると言う事なのです。


カイロプラクティックでは、脊髄神経支配領域に対する椎骨に問題がある

と言う考え方のメリックシステムという考え方があります。

ですが、必ずしもその神経支配領域の椎骨を調整したから

その症状が改善するとはならないのです。


それは何故か?体をトータルでみないと実は効果はそれ程出ません。

その主訴の関連椎骨を調整出来たと思っているだけで、

背骨の状態はあまり良くなっていないのが現状なのです。

それよりも、DRT的の指標をお使い頂きクリアーに成る事が重要なのです。


DRTの指標がクリアーになり、

その良好な状態で安定すれば殆どの症状は改善します。

慢性的問題など、長く患っている場合は改善にタイムラグがおきます。

症状が発症する時と同じです。


患者様はいきなり痛くなったと思われるかたが多いですが、そうではないです。

きっかけになることは何でも良いのです。

いつ発症してもおかしくない状態が問題なのです。

その様に、DRTの指標は様々な使い方が出来ます。


ですので、背骨の調整で体の様々な症状の改善が出来ると言う事だと思います。

今までの、治療法では無いと思います。

それがDRTで治療革命を起こせる事につながるのです。

DRTは直接患部を治療をしているのではなく体を本来の状態にしているのです。


ですので、特定症状の改善だけでなく

体を本来の最高の状態に保つことが出来ると言えると思います。

ご自信の最高のパフォーマンスを発揮する事が出来るようになると思います。

これから皆様と共に更にDRTは進歩できると思います。

日時:2014年5月 9日 PM 01:34

詳しくはこちら

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-5-15 荒井ビル4階
TEL:03-5280-0855 mail:info@drt-seitai.com

  • 営業時間
  • 平日 10:00~13:00 14:00~19:00
    土曜 10:00~13:00 14:00~16:00
  • 定休日
  • 日曜日・祝日